岩藤斉治税理士事務所
tel:082-243-7331 fax:082-249-7070
お問い合わせフォーム
HOME会社概要お問い合わせコンサルタント募集SITE MAP

広島 新規開業






文書作成日:2017/02/28


 禁煙化は時代の流れですが、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、受動喫煙防止対策をさらに強化する動きがみられます。ここでは厚生労働省の調査結果(※)から、一般診療所における受動喫煙防止対策の実施状況をみていきます。




 上記結果から、都道府県別に一般診療所の受動喫煙防止対策の実施割合(平成26年)をまとめると、下表のとおりです。
 
      
      

 全国の一般診療所約10万施設のうち、51.0%が施設内全面禁煙を実施しています。また、敷地内全面禁煙の実施割合は30.5%で、80%を超える一般診療所が、施設内全面禁煙以上の措置(以下、禁煙化措置)を実施しています。
 なお前回(23年)の結果では、敷地内全面禁煙が25.8%、施設内全面禁煙が49.2%だったので、禁煙化措置実施割合はさらに高まる結果になりました。



 次に都道府県別に実施状況をみると、敷地内全面禁煙の実施割合が最も高いのは山形県の44.4%でした。次いで鳥取県が41.9%で、この2県が40%を超えました。施設内全面禁煙の実施割合は、和歌山県が57.4%で最も高く、次いで福岡県と長崎県が55%を超えました。
 禁煙化措置を実施している割合は、岐阜県が88.4%で最も高く、次いで鳥取県、香川県、福井県、愛媛県、山形県が85%以上となりました。

 次回の調査結果では、禁煙化措置実施割合は90%を超えるでしょうか。


(※)厚生労働省「平成26年医療施設(静態・動態)調査
 平成26年10月1日時点で開設している全ての医療施設を対象にした、3年に1度行われる調査で、29年2月時点では26年の調査結果が最新になります。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。